うしおだ診療所(こころとからだと歯) | 安心して住み続けられるまちづくりをめざして

診療所の取り組み

今回は友の会の 兼平 勇 さんにお話をうかがいました

ボランティアを始めたきっかけは?

兼平さん:うしおだ診療所が移転して2年目の夏頃に、診療所前の芝が気になり、芝刈りを始めたのがきっかけです。その他、診療所前の花壇の水やりをしています。

つばめの巣の作業もされているとうかがいました。

兼平さん:移転して3年目くらいに、駐輪場に初めて巣ができました。つばめは慎重な性格なので、作業してから物かげから見てつばめが帰ってくるか待っていました。30分ほどして戻ってきました。普段は日曜日に作業しています。

今年はまだつばめは来ていませんね。

兼平さん:今年も来てくれるとうれしいですね。つばめの巣は町全体で見ても少なくなっています。75歳になり、だいぶ体力が落ちてきており、体の調子を見ながらボランティアを行っています。

いつも診療所のボランティアありがとうございます。お体に気を付けて、お元気でがんばってください。